HOME  >>  黒木国昭の世界  >>   国際展覧会   >>   ヴェネチア
  • 個展スケジュール
  • 代表作品
  • 作家略歴及び関連情報
  • オンラインショップ
  • 国際展覧会
  • 作品レンタル
  • スライドショー
  • 店舗紹介
お問い合わせへ
ガラス工房ブログ 黒木国昭とその仲間達
グラスアート黒木 Facebookページ

黒木国昭の世界

国際展覧会

イタリア・ヴェネチア「琳派と広重の展開」展について

小雨の降る、いつになく寒い朝だった。
2008年11月28日。黒木国昭はガラスの聖地イタリア・ヴェネチアの地に
立っていた。
マルコポーロ以来のガラスの歴史的里帰りとうたわれた「琳派と広重の展開」展の
オープニング当日である。
イタリア・日本の両国外務省、文化庁の後援のもと開催されたこの展覧会の会場である
国立 カ・ペーザロ博物館には、数え切れない笑顔の来場者。
しかし、人々の笑顔の中にある小さな違和感を黒木は敏感に感じていた。
それはヴェネチアの文化、「ガラス」を日本人がどう理解しているのか?
興味と疑心を含む採点者的な視線であった・・。
「ガラスに関わる全ての皆様に、心より最大の敬意を表します。」
感謝と自信に満ちた黒木の挨拶で展覧会は幕をあけたが、
彼はしばらくの間、緊張した面持ちでじっと会場の人々を見つめ続けていた。
それから突如、黒木の顔にいつもの笑顔が戻った。
そう、それが「西洋のガラス文化」と黒木の表現する「日本のガラス文化」
が融合した瞬間であった。
西洋の素材に日本の美を映し出す黒木の仕事が人々の心をとらえ、
いつの間にか人々は自分たちの文化「ガラス」を通して「日本を感じて」いたのだった 。
屈託の無い笑顔に囲まれて、黒木はもう一度感覚を研ぎ澄ます。
しかし黒木が覚えた小さな違和感は、存在していた事が夢だったかのごとく
既にそこに感じ取ることは出来なかった。
2ヶ月にわたるロングランの展覧会は無事に終了した。
作家人生の中でも大きな仕事を終えた黒木は、今現在も多くの反響の中、
意欲的に制作を行っている 。
ヴェネチアが彼にどのような影響を与えたのか。
また彼がヴェネチア展を通して何を感じ取ったのか。
これから誕生する「黒木国昭作」から一瞬たりとも目が離せない。